~Know~

今知りたい情報をあなたにとどけちゃうサイト

             
            

オリンピック

佐藤優香はメダル候補!過去の成績は?どんな人物なの?

水泳、自転車ロード、長距離走(スイム、バイク、ラン)の三種の競技を行うトライアスロン。世界で最も過酷な競技ともいわれるが、オリンピックではスイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロの合計51.5キロを男女各55名ずつが争います。2014年第20回日本トライアスロン選手権を優勝した佐藤優香選手。予てからの夢であるオリンピックでのメダル獲得となるのか、またどんな人物なのかどんな経歴なのか迫っていこうと思います。



メダルを取るのが私の責務

東京オリンピック誘致の際に佐藤優香選手はこのように発言しています。

「招致に参加させてもらったからには、五輪のひのき舞台に立ってメダルを取るのが私の責務。招致のヒロインと言われるのはうれしいけれど、いつまでもそれじゃダメですよね」

出典:http://www.nikkei.com/

好きな言葉は「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」。中学時代に辞書を引いてこの言葉を見つけてピンと来たといいます。恐れることなく、自分の目的・目標に向かってひたすら前進する。

彼女らしい言葉ですね。この心がきっと彼女の活躍に繋がっているのだと思います。

そんな佐藤選手ですが、過去には練習をさぼることも・・。

「誰のための練習なのか」と悩んだ

母の一言でトライアスロンを始めることとなった佐藤選手、いきなり小学3年の時に出場したキッズトライアスロンで優勝。そこから母との二人三脚の練習が始まったそうです。週末になると、母の監視のもとで練習する日々、中学生になると反抗するときもあったそうで、母から見えないところを走っているときにショートカットをし、そのあと家に入れてもらえなかったこともあったそうで「誰のための練習なのか」と悩んだそうです。

これを聞くとなかりの英才教育を受けていたと感じますね。

中学1年の春に千葉での認定大会で現在所属のチームケンズの飯島監督の目に留まり、高校からは監督の下で指導を受けることとなりました。高校に入るころから環境も変わり、「競技の楽しさを感じた」と語れるようになり、この競技でこれからも続けていくことを決意したそうです。するとメキメキと頭角を現し、2010年シンガポールで行われたユースオリンピックでは金メダルを獲得しました。

過去の成績は

ランキング(2015年):NTT トライアスロン・ジャパンランキング/2位。ITU 世界トライアスロンシリーズランキング/30位。

主な戦歴:2016年アジアトライアスロン選手権/3位、2015年トライアスロンワールドカップ/優勝、2015年日本トライアスロン選手権/2位

どんな人物なのか

佐藤優香選手の画像です
  • 佐藤優香(さとうゆか)
  • 1992年1月18日(24歳)
  • 千葉県出身
  • 身長/171cm
  • 体重/55kg
  • 出身校:日本橋女学館高校
  • 所属:トーシンパートナーズ、
  • NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ
  •  五輪:初出場

 

オフの過ごし方:ピアノを弾いてリラックスする。

好きな食べ物は:肉だそうで、特にハンバーグととんかつが大好物。

好きな人物は:三代目 J Soul Brothersの今市隆二さんのファンだそうです。

目標としている選手:トライアスロン女子の世界ランキング1位「ジョディー・スティンプソン」に憧れている。なぜか佐藤さんの誕生日に「ハッピーバースデー」とお祝いのメッセージがフェイスブックで届くようで、「一度も話したこともないのに、どうしてでしょう」と首をかしげるが、世界のトップが佐藤さんの能力を認めている証拠なのかもしれないですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今ではトップアスリートの仲間入りを果たした佐藤優香選手ですが、それまでは大変な道のりがあったのですね。リオオリンピックでのメダルにはもちろん期待したいのですが、また24歳という若さですので東京オリンピックでのメダルにも期待したいですね。これからの佐藤優香選手に注目してみてください。

-オリンピック
-